アシストフック

ソルトウォータゲームで不動の人気を誇るのが青物をはじめとするジギングです。 ショア、オフショア、ライトゲームから超大物を狙って獲るスタイルまで、ターゲットによってタックルや狙い方は様々です。 釣り人なら誰しもが、掛けたターゲットはどうしても手にしたい。という思いはどんなサイズの魚を狙うにしても同じですよね。 ジギングにおいてメタルジグの性能ももちろん大切ですが、注目してほしいのはアシストフックの存在です。 アシストフックの意味は直訳するとルアーに取り付ける補助フック。 アシストフックは、「アシストライン」「フック」その他に、「ソリッドリング(打ち抜きリング)」などで構成されています。 【アシストライン】 アシストフックが、巻きか結束で結んであるラインで、材質は勿論、長さも多種多様です。 材質によって、同じ太さでも強度が違えば、張りや硬さ等も異なります。 例えば、PE、シーハンター、ザイロンノット、ダイニーマ、ザイロンX、ケプラーなどがあります。 単体だと張りが弱いため、フロロカーボンを「中芯」として入れて使う事で張りのあるアシストラインとして使う事もあります。 【フック形状】 大きく分けると、「掛け重視」「ホールド重視」に分かれます。 掛け重視のフックはストレートタイプのモノが多く、ホールド系はフトコロが深いものが多いです。 後は、平打ち加工で強度を上げているタイプやフッ素コーティングなどの表面処理で貫通能力を上げているタイプもあります。 釣り具でお金を掛けるのは魚に近いところからと言われますが、フックは1番魚に近い所です。 魚に直接触れるフックはジギングのみならず、すべての釣りで大切な要素です。フックひとつで魚を取り込めるかが左右されることもあると思います。 大型回遊魚は口も大きく硬いので、小さいフックではフッキングしてもカエシまで深く刺さらない可能性があり、フッキングが甘いとバラシの原因にもなりますし、刺さり方が悪く無理な力がかかればフックは伸ばされたり、最悪折れたりします。 餌釣りなどでは餌が小さくフック重量も軽いので、ある程度魚に飲み込ませることができますが、ジギングではそうはいきません。魚の口のどこに掛かるか分からない部分がありますので、フックの大きさや形状選びが大切になってくるのです。 そしてなにより重要なのは狙う魚種に対する総合的なバランスです。 フックも貫通能力と強度に合わせたタックルを使用しないと、バラシの原因になります。 使用タックルで獲物の口を貫通させるだけのパワーがあり、且つそのタックルでファイトしても折れないフック強度。フックが伸びるかも、折れるかもと気にしてファイトが出来ず、主導権を握れないとバラす確率も高くなり、乗合船の場合なら特に同船者とのオマツリを招いたり、ファイト時間を掛けすぎてしまうことで、時合を逃すこともあります。 ジグとのバランスも大事になってきます。 例えば、タングステンの小さいジグにあからさまに大きいフックを付けるのはバランスが悪くなります。 スロー系ではジグの動きを妨げないように、よりバランスのいいセッティングが求められます。 では、実際にどういったバランスがいいのか、フックはどんなものを使うのが適しているのか。 【ジグとのバランス・相性】 アシストフックをジグに取り付ける箇所は基本的にジグの頭側につけるのがスタンダードになっています。 これは、フィッシュイーターの捕食行動に関係しているのですが、基本的にフィッシュイーターは魚を捕食するときに頭から飲み込むように食べるので、フロント(頭)側にアシストフックを付けるとヒット率が上がります。 アシストの長さも重要で、基本的にはジグの長さの1/3~1/2程度がいいでしょう。 長ければ長くなるほど、かかりやすくなると思われがちですが、アシストフックを長くしすぎると、フックがジグに抱きついたり、ラインとの絡みなどトラブルの原因にもなりますし、何よりもジグと離れてしまいますので、フッキング率が悪くなります。 ジグの後ろから食いつくことが多いシーバスやマダイを狙う場合や、魚の活性が低くジグのテールにショートバイトが多い時はテール部分にもフックを付けておくとフッキング率はよくなります。 魚は、ジグが落ちる方向を頭だと認識するので、フォールでも誘う釣り方のスロージギングの場合は特に、テール部分にもアシストフックを付けておくのがいいでしょう。 テールにアシストフックを付けるときに注意していただきたいのは、頭側のアシストフックと干渉しないようにしていただくことです。干渉してしまうとフック同士が絡まり、いわゆるエビという状態になってしまい釣りになりません。 遊漁船などでよく見かけるのが極端に針が小さい人がいます。対象の魚が何かによっても変わってくるのですが、確率論からいくと針が小さいほうがフックアップ率は落ちていきバラしも極端に増えます。 餌釣りの場合は、小さい針に餌を通し、魚はその針に食いついてきますが、ジギングの場合は、ジグそのものに食いついてきますので、魚の口もジグの大きさほどに開いている可能性が高いです。 針のサイズが大きいと魚に見破られるなんて考えると、そもそもルアーでは釣れないですからね。 釣りは地域性が高く、ポイントによって魚影の濃さや海の状況で刻々と変化していきます。 その時々の状況によって、タックルを使い分けそのフィールドでしか味わえない釣りを楽しむのも醍醐味の一つでしょう。

Read More...

PEライン

  PEとは、 ポリエチレン繊維を複数合わせて編み込んだライン(マルチフィラメントとも言う)であり、ナイロンラインやフロロカーボンラインなどの単線ライン(ものフィラメント)とは全く違う構造です。 フィラメントは細い線状の繊維を表します。 スペルが【Polyethylene】なので、略してPEと呼ばれています。 現在は4本撚りのものと8本撚りのものとあります。   特徴としては、 引っ張り強度が高い。 PEラインとフロロカーボン・ナイロンラインを比べた場合、同じ太さでは圧倒的にPEラインが引っ張り強度約3~4倍と高い。 水の比重1.0g/㎤・海水は少し高く1.02g/㎤に対してナイロンライン(約1.2)、フロロカーボン(約1.8)、PEライン(約0.97)とPEラインが一番軽いため、飛距離が大幅にアップしました。 比重が軽いので釣りをする際、ラインが風で流される、水に浮くためそこをうまく攻めることができないなどのデメリットもありますが、最近では高比重タイプのPEラインも商品化されています。 フロロカーボン・ナイロンラインは、巻き癖がつくのに対しPEラインはしなやかであるため巻き癖ができにくい。 フロロ・ナイロンに比べると破断伸度は4%前後と圧倒的に低伸度ですので、感度がよく、水中の状況や、魚のアタリを感じ取りやすい。 最近のルアーフィッシングは感度重視の傾向が強いため、様々な釣りで活躍しています。 デメリットとして、熱や擦れに弱く(牙魚の鋭い歯や底の岩などに擦れると切れやすい)低伸度のおかげでアタリをはじきやすいといった欠点がありますが、そもそもPEを直結するということはなく、リーダーを結ぶことで、デメリットを解消することができます。   元々、船釣り(餌釣り)用としてテトロンといわれる編み糸はありましたが、太くて感度が悪かった。その後、船釣り界でテトロンよりも細くしてしなやかな「新素材」と呼ばれるものが使われだしたのが、PEラインになります。 細くて強く、伸びがゼロに近いPEラインはルアーフィッシングにも使われるようになってからは、テクニックやタックルが飛躍的な進化を遂げた事も合わさって、釣りのスタイルも進化をとげました。 釣りのジャンルの中では、その特徴に適したルアーフィッシングをはじめ、船釣り・投げキスの引き釣りなどでの使用が多く磯や波止のフカセ釣り、カゴ釣りでも愛用者が増え幅広い釣りに対応しています。 PEラインはフロロ・ナイロンと比べても高価なものでしたが、フロロカーボンやナイロンラインだと最低でも一か月に一回はラインを交換しないと巻き癖がつくのに対し、PEは巻き癖もなく紫外線に強いため劣化が少ないので、巻き替えの頻度が少なく済みますので結果、経済的です。 PEラインにもメリット・デメリットとありますが、デメリットを打ち消すくらいPEラインは釣りシーンにおいて必要不可欠でスタンダードなものとなりました。  

Read More...

バーブレスフック

バーブレスとは、カエシ(バーブ)のない針のことでスレバリとも呼ばれます。
最大の利点は刺さりやすさ、そして安全性。
まず、バーブレスのメリットとして刺さりやすいことが言えます。
カエシがない分、刺さるときに引っ掛かりが少なく、小さな力で貫通させることができます。
そもそも「バーブ(返し)があったほうがバレにくい」と皆さん思われていますが一概にそうでもないのです。
確かに鈎がフトコロまで完全に貫通していたらある程度バーブが抜けにくくはしてくれるのですが、それは完全に貫通していたらの話。深くまで刺さってなければカエシとしての役目が果たせなく結果バレにつながってきます。
これは、バーブありとバーブレス両方に言えるのですが、フトコロまで刺さってないチョン掛かりであれば、どちらも同じようにバレやすくなります。

Read More...

mokoley専用池のルール

いつもmokoleyHPをご覧いただきありがとうございます。 mokoley専用池ツアーでは、より多くの方に力強いファイトを楽しんでいただきたい、また掛かってからもなるべく魚の負担がかからないようバーブレスフックの使用をお願いしておりましたが、新たにプラグ用バーブレスアシストフックを使用していただいての釣りを提案させていただきます。 バーブレスアシストフックを使用することにより刺さりも深くなり、フックの可動域が大きくなることでバレが少なくなります。 キャッチ&リリースの釣りにおいて、魚へのダメージを少なく、また元気に楽しませてもらいたいですよね。 乞うご期待ください。      

Read More...

メコンオオナマズ タックル

ここではメコンオオナマズツアーでのレンタルタックルを基準にタックル紹介をしたいと思います。 大型淡水魚タックル例 ロッド 極太ジギングロッド リール 8000番前後 ライン ナイロン 50Lb、or PE3-4号 針 伊勢尼13号-15号 ウキ (夜間の釣行では電気ウキ)、吸い込み仕掛け用らせん(針は別で使用)といったところです。 餌は釣堀で売っている「パン粉」「練り餌」「ココナッツミルク」が主になります。 練り餌配合の重要度が高く、経験がモノを言います。常連さんやガイド、現地ガイドにお願いしたほうが確実です。 「やわ」なタックルで挑むと竿が折れたりリールにガタがくる事も珍しくありません。 十分なタックルを備えるかレンタルで挑みましょう。

Read More...

バラマンディタックル

一般釣堀に居るバラマンディは大体30~70cm、釣堀にもよりますがアベレージは40~50cmくらい。 80台が出れば万々歳でしょう。 平均的なタックルとしては、 小~中型バラマンディタックル例 ロッド ミディアムヘビー リール 2,500番前後 ライン PE3-4号 ショックリーダー 30-40LB といったところです。 人によって、「PEライン2号の方が飛びが良い」、「大物に備えてPE5号を使っている」、「ショックリーダーは50Lbの方が長持ちして良い」 「ロッドはライトタックルの方が面白い」と、好みがあるので参考程度に読んでいただければと思います。 バラマンディタックル [養殖池] 養殖池のバラマンディには一般釣堀に居ないサイズがゴロゴロしています。写真のバラマンディで8kg、この日は最大で13kgのバラマンディが上がりました。  養殖池バラマンディの大きさは40~80cmくらい。アベレージは60cm前後といったところ。90cm台が出れば万々歳です。   その巨体が「ビッグベイトに喰らい付く瞬間」「トップに出る瞬間」「空中でエラ洗いをする瞬間」 その瞬間に魅せられた人は数知れません。 大物を狙うという事もあり、平均的なタックルは 大型バラマンディタックル例 ロッド ヘビーロッド リール 2,500番前後 ライン PE5号 ショックリーダー 50Lb ビッグベイトも使えるタックルが多く使われます。

Read More...

STORM スイムベイト

WEBの入荷情報を見て、「STORM スイムベイト 3/16oz」を買っていかれたMさん。 数日後には早速、その釣果を報告してくださいました。   その時の釣果は14匹だったと聞いています。 「これがあればボウズは無いですね」と語っておられました。 一般釣堀で実績を残せるルアーです。   このルアーの関連記事には 「ライン、スナップの使い分けと結び方」 「天候を考慮したカラーローテーション」 「小型スイムベイトのトゥイッチング」 があります。

Read More...

バラマンディタックル

養殖池のバラマンディには一般釣堀に居ないサイズがゴロゴロしています。 写真のバラマンディで8kg、この日は最大で13kgのバラマンディが上がりました。   養殖池バラマンディの大きさは40~80cmくらい。 アベレージは60cm前後といったところ。 90cm台が出れば万々歳です。   その巨体が 「ビッグベイトに喰らい付く瞬間」 「トップに出る瞬間」 「空中でエラ洗いをする瞬間」   その瞬間に魅せられた人は数知れません。   大物を狙うという事もあり、平均的なタックルは PEライン 5号 リール 2500番前後 ショックリーダー 50Lb ヘビーロッド といったところです。   ビッグベイトも使えるタックルが多く使われます。

Read More...

チャドータックル

一般釣堀に居るチャドー(ジャイアントスネークヘッド)は大体30~60cm 小型が多い印象です。   平均的なタックルとしては PEライン 3号 リール 2500番前後 ロッド ミディアムヘビー といったところです。   「歯は鋭いが、喰いが浅いのでショックリーダーは必要無い」という定説がありますが、 心配な方はショックリーダーやワイヤーリーダーを付けるのも良いでしょう。   天然と違い、色々なルアーで狙いやすいという利点があります。 バラマンディタックルがそのまま流用できます。

Read More...