アシストフック

ソルトウォータゲームで不動の人気を誇るのが青物をはじめとするジギングです。 ショア、オフショア、ライトゲームから超大物を狙って獲るスタイルまで、ターゲットによってタックルや狙い方は様々です。 釣り人なら誰しもが、掛けたタ […]

Read More...

PEライン

  PEとは、 ポリエチレン繊維を複数合わせて編み込んだライン(マルチフィラメントとも言う)であり、ナイロンラインやフロロカーボンラインなどの単線ライン(ものフィラメント)とは全く違う構造です。 フィラメントは […]

Read More...

バーブレスフック

バーブレスとは、カエシ(バーブ)のない針のことでスレバリとも呼ばれます。
最大の利点は刺さりやすさ、そして安全性。
まず、バーブレスのメリットとして刺さりやすいことが言えます。
カエシがない分、刺さるときに引っ掛かりが少なく、小さな力で貫通させることができます。
そもそも「バーブ(返し)があったほうがバレにくい」と皆さん思われていますが一概にそうでもないのです。
確かに鈎がフトコロまで完全に貫通していたらある程度バーブが抜けにくくはしてくれるのですが、それは完全に貫通していたらの話。深くまで刺さってなければカエシとしての役目が果たせなく結果バレにつながってきます。
これは、バーブありとバーブレス両方に言えるのですが、フトコロまで刺さってないチョン掛かりであれば、どちらも同じようにバレやすくなります。

Read More...