アシストフック2

前回はアシストフックについて説明をしていきましたが、今回はアシストフックのバランスについて書いていきます。   【ジグとのバランス・相性】 アシストフックをジグに取り付ける箇所は基本的にジグの頭側につけるのがスタンダードになっています。 これは、フィッシュイーターの捕食行動に関係しているのですが、基本的にフィッシュイーターは魚を捕食するときに頭から飲み込むように食べるので、フロント(頭)側にアシストフックを付けるとヒット率が上がります。 アシストの長さも重要で、基本的にはジグの長さの1/3~1/2程度がいいでしょう。 長ければ長くなるほど、かかりやすくなると思われがちですが、アシストフックを長くしすぎると、フックがジグに抱きついたり、ラインとの絡みなどトラブルの原因にもなりますし、何よりもジグと離れてしまいますので、フッキング率が悪くなります。 ジグの後ろから食いつくことが多いシーバスやマダイを狙う場合や、魚の活性が低くジグのテールにショートバイトが多い時はテール部分にもフックを付けておくとフッキング率はよくなります。 魚は、ジグが落ちる方向を頭だと認識するので、フォールでも誘う釣り方のスロージギングの場合は特に、テール部分にもアシストフックを付けておくのがいいでしょう。 テールにアシストフックを付けるときに注意していただきたいのは、頭側のアシストフックと干渉しないようにしていただくことです。干渉してしまうとフック同士が絡まり、いわゆるエビという状態になってしまい釣りになりません。 遊漁船などでよく見かけるのが極端に針が小さい人がいます。対象の魚が何かによっても変わってくるのですが、確率論からいくと針が小さいほうがフックアップ率は落ちていきバラしも極端に増えます。 餌釣りの場合は、小さい針に餌を通し、魚はその針に食いついてきますが、ジギングの場合は、ジグそのものに食いついてきますので、魚の口もジグの大きさほどに開いている可能性が高いです。 針のサイズが大きいと魚に見破られるなんて考えると、そもそもルアーでは釣れないですからね。 釣りは地域性が高く、ポイントによって魚影の濃さや海の状況で刻々と変化していきます。 その時々の状況によって、タックルを使い分けそのフィールドでしか味わえない釣りを楽しむのも醍醐味の一つでしょう。  

Read More....

アシストフック1

ソルトウォータゲームで不動の人気を誇るのが青物をはじめとするジギングです。 ショア、オフショア、ライトゲームから超大物を狙って獲るスタイルまで、ターゲットによってタックルや狙い方は様々です。 釣り人なら誰しもが、掛けたターゲットはどうしても手にしたい。という思いはどんなサイズの魚を狙うにしても同じですよね。 ジギングにおいてメタルジグの性能ももちろん大切ですが、注目してほしいのはアシストフックの存在です。 アシストフックの意味は直訳するとルアーに取り付ける補助フック。 アシストフックは、「アシストライン」「フック」その他に、「ソリッドリング(打ち抜きリング)」などで構成されています。 【アシストライン】 アシストフックが、巻きか結束で結んであるラインで、材質は勿論、長さも多種多様です。 材質によって、同じ太さでも強度が違えば、張りや硬さ等も異なります。 例えば、PE、シーハンター、ザイロンノット、ダイニーマ、ザイロンX、ケプラーなどがあります。 単体だと張りが弱いため、フロロカーボンを「中芯」として入れて使う事で張りのあるアシストラインとして使う事もあります。 【フック形状】 大きく分けると、「掛け重視」「ホールド重視」に分かれます。 掛け重視のフックはストレートタイプのモノが多く、ホールド系はフトコロが深いものが多いです。 後は、平打ち加工で強度を上げているタイプやフッ素コーティングなどの表面処理で貫通能力を上げているタイプもあります。 釣り具でお金を掛けるのは魚に近いところからと言われますが、フックは1番魚に近い所です。 魚に直接触れるフックはジギングのみならず、すべての釣りで大切な要素です。フックひとつで魚を取り込めるかが左右されることもあると思います。 大型回遊魚は口も大きく硬いので、小さいフックではフッキングしてもカエシまで深く刺さらない可能性があり、フッキングが甘いとバラシの原因にもなりますし、刺さり方が悪く無理な力がかかればフックは伸ばされたり、最悪折れたりします。 餌釣りなどでは餌が小さくフック重量も軽いので、ある程度魚に飲み込ませることができますが、ジギングではそうはいきません。魚の口のどこに掛かるか分からない部分がありますので、フックの大きさや形状選びが大切になってくるのです。 そしてなにより重要なのは狙う魚種に対する総合的なバランスです。 フックも貫通能力と強度に合わせたタックルを使用しないと、バラシの原因になります。 使用タックルで獲物の口を貫通させるだけのパワーがあり、且つそのタックルでファイトしても折れないフック強度。フックが伸びるかも、折れるかもと気にしてファイトが出来ず、主導権を握れないとバラす確率も高くなり、乗合船の場合なら特に同船者とのオマツリを招いたり、ファイト時間を掛けすぎてしまうことで、時合を逃すこともあります。 ジグとのバランスも大事になってきます。 例えば、タングステンの小さいジグにあからさまに大きいフックを付けるのはバランスが悪くなります。 スロー系ではジグの動きを妨げないように、よりバランスのいいセッティングが求められます。 では、実際にどういったバランスがいいのか、フックはどんなものを使うのが適しているのか。 次回はフックバランスや形状について詳しく説明していきたいと思います。

Read More....

タイ自由ランド掲載2

いつもMokoleyHPをご覧いただきありがとうございます。 タイランドの在タイ日本人向けフリーペーパー”タイ自由ランド”に第二弾、「ジギングの面白さと魅力」が掲載されました。   前回はジギングについて書いていきましたが、なぜジギングという釣りがここまで人気になり、多くの釣り人を魅了するのか。今回はジギングの楽しさや、魅力についてお伝えしていきます。 まず、ジギングの面白い所は細いロッドで大物が釣れ全てがダイレクトな所、また釣れる魚も日本ではカンパチ、ブリ、ヒラマサやマダイ、ヒラメ、底ものなど高級魚のオンパレード。 タイの海でもスジアラ、ヒョウモンハタなど、各種の立派なハタから、イトヒキアジ、ヨロイアジ、ホシカイワリなど、大物アジ系も釣れます。 ジグに魚がアタックする瞬間もゾクッとする快感が味わえます。また、前触れもなく中層で根掛りかと思うぐらいにビクともしない大きな魚もいれば、ジグに纏わりつくのが分かる魚もいます。 そして、何より釣れたという感覚より、メタルジグをしゃくり上げ自身で操作し釣ったという感覚が、ジギングの醍醐味だと思います。 メタルジグの動きはジグによって実に様々で、同じタイプの形状のジグでも全く異なる動きだったりします。 ジグの形状と合わせてウエイトバランス等が凄くシビアに関係し、ジグ本体の動きだけでも多くのバリエーションが存在するのに、それをしゃくる人の動作により、更に全く異なる動きが出てしまう事です。しゃくりのパワーは勿論、しゃくり後の竿を戻すスピードや幅、さらにリールを巻くスピードなどなど。 また、タックル面においては、リールの巻き取り長さやスピード、ロッドの硬さやテーパーによっても変わってきます。極端に言うと【ジグの形状×カラー×重さ×アクションの付け方】数程度は自身でジグの持つ要素に変化を与える事が出来るわけです。 ジギングという釣り方においても、皆さんがよくイメージされている巻き上げ主体のハイピッチジギングや、フォール主体のスロージギングと、海の状況や天候・魚の活性などを読み、テクニックを駆使して釣り上げた時の爽快感は、言葉に言い表せないものがあります。 最近では、スロージギングなる釣り方が流行っています。一体スロージギングとは何か。 次回はスロージギングについて詳しくお話しします。

Read More....

タイ自由ランド掲載

いつもmokoleyHPをご覧いただきありがとうございます。 タイランドの在タイ日本人向けフリーペーパー”タイ自由ランド”にて記事が掲載されました。 釣りをされたことのある方ならジギングというフレーズを耳にするかと思いますが、そもそもジギングとは何か? ジギングには興味があるが、何から始めたらいいのか、どんな釣りなのか分からない方もいらっしゃると思いますので、ジギングの釣り方から、楽しさや魅力・日本でのジギングスタイルなどを計3回に分けて書いていきます。   まず、第一回目のジギングとは? ジギングとは、ルアーフィッシングの一種で「メタルジグ」と呼ばれる金属の塊を海底に落とし、落としたメタルジグをリズミカルに巻き上げ(しゃくる)泳いでいる魚を狙う釣りになります。 ジギングには陸からのショアジギングと沖合のオフショアジギングとあり、オフショアジギングで狙う水深は幅広く、20mほどのライトジギングから、200mを超す沖のディープ層までと、マグロ、カンパチ、ヒラマサ、ブリ、ヒラメ、鯛、サバ、スズキ、サワラ、太刀魚、深海魚、フグ、根魚、、、に至るまで、フィッシュイーターと呼ばれる魚はほとんどジギングのターゲットとして狙えるため人気の釣りとして確立しています。   今でこそジギングと呼ばれる釣りが広まっていますが、広まる前の海のルアーフィッシングはキャスティング主体の釣り方がメインで、当時のタックル(道具)はナイロンラインにキャスティングで狙うシイラやカツオ等回遊性が強い魚たちがメインターゲットになっていました。 それが、1990年台半ば頃から普及し始めたPEラインの出現でジギングという釣りが飛躍的な進歩をとげることになり、爆発的にジギング人口が増加しました。 さらに、メタルジグに様々なアクションを加えていき、魚を誘うのですが、ジグのしゃくり方によって釣果が完全に左右されてしまいます。 ジギングはエサ釣りのように、特にアクションをしなくても匂いなどで勝手に魚が寄ってくるというものではありませんので、常に何かしらの動きを与えて、魚に偽物であることがバレないようにしなければなりません。 それゆえにかなり肉体的に疲労が溜まりやすい釣りであるとも言えますが、最近はそうした従来の「しんどい」というジギングのイメージを覆すような「スロージギング」と呼ばれる女性や子どもにもおすすめできる非常にゆっくりとした動作で力を入れずにロッドをしゃくって魚にアピールする釣り方も登場してきました。 そして、なんといってもメタルジグに食いついてくる魚の引きは強烈でジギングの最大の魅力といっていいでしょう。 タックルもジギングロッド(竿)にリール・メタルジグと、シンプルで大型の魚が狙えることもジギングの魅力の一つともいえます。   第一回目はジギングの基本についてでしたが、次回は、ジギングの楽しさ・魅力について、お伝えしていきます。

Read More....

PEライン

  PEとは、 ポリエチレン繊維を複数合わせて編み込んだライン(マルチフィラメントとも言う)であり、ナイロンラインやフロロカーボンラインなどの単線ライン(ものフィラメント)とは全く違う構造です。 フィラメントは細い線状の繊維を表します。 スペルが【Polyethylene】なので、略してPEと呼ばれています。 現在は4本撚りのものと8本撚りのものとあります。   特徴としては、 引っ張り強度が高い。 PEラインとフロロカーボン・ナイロンラインを比べた場合、同じ太さでは圧倒的にPEラインが引っ張り強度約3~4倍と高い。 水の比重1.0g/㎤・海水は少し高く1.02g/㎤に対してナイロンライン(約1.2)、フロロカーボン(約1.8)、PEライン(約0.97)とPEラインが一番軽いため、飛距離が大幅にアップしました。 比重が軽いので釣りをする際、ラインが風で流される、水に浮くためそこをうまく攻めることができないなどのデメリットもありますが、最近では高比重タイプのPEラインも商品化されています。 フロロカーボン・ナイロンラインは、巻き癖がつくのに対しPEラインはしなやかであるため巻き癖ができにくい。 フロロ・ナイロンに比べると破断伸度は4%前後と圧倒的に低伸度ですので、感度がよく、水中の状況や、魚のアタリを感じ取りやすい。 最近のルアーフィッシングは感度重視の傾向が強いため、様々な釣りで活躍しています。 デメリットとして、熱や擦れに弱く(牙魚の鋭い歯や底の岩などに擦れると切れやすい)低伸度のおかげでアタリをはじきやすいといった欠点がありますが、そもそもPEを直結するということはなく、リーダーを結ぶことで、デメリットを解消することができます。   元々、船釣り(餌釣り)用としてテトロンといわれる編み糸はありましたが、太くて感度が悪かった。その後、船釣り界でテトロンよりも細くしてしなやかな「新素材」と呼ばれるものが使われだしたのが、PEラインになります。 細くて強く、伸びがゼロに近いPEラインはルアーフィッシングにも使われるようになってからは、テクニックやタックルが飛躍的な進化を遂げた事も合わさって、釣りのスタイルも進化をとげました。 釣りのジャンルの中では、その特徴に適したルアーフィッシングをはじめ、船釣り・投げキスの引き釣りなどでの使用が多く磯や波止のフカセ釣り、カゴ釣りでも愛用者が増え幅広い釣りに対応しています。 PEラインはフロロ・ナイロンと比べても高価なものでしたが、フロロカーボンやナイロンラインだと最低でも一か月に一回はラインを交換しないと巻き癖がつくのに対し、PEは巻き癖もなく紫外線に強いため劣化が少ないので、巻き替えの頻度が少なく済みますので結果、経済的です。 PEラインにもメリット・デメリットとありますが、デメリットを打ち消すくらいPEラインは釣りシーンにおいて必要不可欠でスタンダードなものとなりました。  

Read More....

Mokoleyツアーをご利用のお客様に注意事項のお知らせ

いつもMokoleyツアーをご利用いただきありがとうございます。 ツアーをご利用されるお客様に、注意事項のお知らせがございます。 Mokoleyツアーを実施中の養殖池や釣り堀に、流暢な日本語を話すタイ人がお客様に近づき、釣りの話題から、「私に言ってくれたら次回から安く行ける。」「もっと面白い場所がある。」など、フレンドリーに話しかけてくるガイドを装った人が現れます。 これらは、観光免許も持たないタイ人で、釣り道具や現金での詐欺トラブルのもとになりますのでくれぐれもお注意ください。 現地の人から日本語で話しかけられるとちょっと嬉しいものですが、日本人旅行者をターゲットとする際に日本語で話しかけて信頼を得ようとするケースは世界中で耳にします。日本語で話しかけてくる外国人がみんな悪い人ではないのですが、世界中の都市・観光地で旅行客が遭う詐欺被害の大半が、親しく話しかけられた現地人についていくところから始まります。 相手の意図を理解しないまま簡単に信頼しきってしまうのはあまりにも無謀で危険です。きちんと会話できるか、状況を読んで適当にあしらう自信がない場合、「ちょっと微笑んで無視する」くらいの態度で接したほうが無難です。 Mokoleyではお客様に安心して楽しい釣行を提供できるよう万全を期していますが、これら現地のタイ人について行かれたとしてもお客様の自己責任で、万が一トラブルがありましても、Mokoley社は一切の責任を負いません。

Read More....

8月中旬にカンチャナブリ県、カオレームダムでの天然チャドー、カスープ、プラチョン釣りツアー

カオレームダムはバンコクから北西約370㎞に位置するタイーミャンマー国境近くのダム湖です。
ダム湖は南北に細長く、釣行目的地はそのほとんど最北に位置するサンカブリという村からの出船になります。
カンチャナブリ県には飛行機も飛んでおらず、高速道路も通っていません。
ひたすら地道で約6時間、ふつうは日本人一人だけで行くという発想から外れた場所です。
行きにくい場所だからこそ、自然が荒らされず、手つかずで残っており、車中での眠りから覚めて到着した時に”、バンコクとは空気が違う!!”と感じられることでしょう。

Read More....

バーブレスフック

バーブレスとは、カエシ(バーブ)のない針のことでスレバリとも呼ばれます。
最大の利点は刺さりやすさ、そして安全性。
まず、バーブレスのメリットとして刺さりやすいことが言えます。
カエシがない分、刺さるときに引っ掛かりが少なく、小さな力で貫通させることができます。
そもそも「バーブ(返し)があったほうがバレにくい」と皆さん思われていますが一概にそうでもないのです。
確かに鈎がフトコロまで完全に貫通していたらある程度バーブが抜けにくくはしてくれるのですが、それは完全に貫通していたらの話。深くまで刺さってなければカエシとしての役目が果たせなく結果バレにつながってきます。
これは、バーブありとバーブレス両方に言えるのですが、フトコロまで刺さってないチョン掛かりであれば、どちらも同じようにバレやすくなります。

Read More....

6月10日バラマンディー定期ツアーのご連絡

Mokoleyは毎月第2土曜日にバラマンディー定期ツアーを開催しております。以前の養殖池のオーナーと契約が切れたため、他の契約できる池を探しておりましたが、このたびチャチュンサオ県の養殖池と契約を結ぶことができ、6月の定期ツアーより、新しい池で開催することになりました。この池は一般のアングラーには開放しておりません。Mokoleyの独占契約池です。

Read More....

mokoley専用池のルール

いつもmokoleyHPをご覧いただきありがとうございます。 mokoley専用池ツアーでは、より多くの方に力強いファイトを楽しんでいただきたい、また掛かってからもなるべく魚の負担がかからないようバーブレスフックの使用をお願いしておりましたが、新たにプラグ用バーブレスアシストフックを使用していただいての釣りを提案させていただきます。 バーブレスアシストフックを使用することにより刺さりも深くなり、フックの可動域が大きくなることでバレが少なくなります。 キャッチ&リリースの釣りにおいて、魚へのダメージを少なく、また元気に楽しませてもらいたいですよね。 乞うご期待ください。      

Read More....