mokoley専用池のルール

いつもmokoleyHPをご覧いただきありがとうございます。 mokoley専用池ツアーでは、より多くの方に力強いファイトを楽しんでいただきたい、また掛かってからもなるべく魚の負担がかからないようバーブレスフックの使用をお願いしておりましたが、新たにプラグ用バーブレスアシストフックを使用していただいての釣りを提案させていただきます。 バーブレスアシストフックを使用することにより刺さりも深くなり、フックの可動域が大きくなることでバレが少なくなります。 キャッチ&リリースの釣りにおいて、魚へのダメージを少なく、また元気に楽しませてもらいたいですよね。 乞うご期待ください。      

Read More...

バラマンディーという魚とMokoleyとの出会い

『バラマンディ (学名 Lates calcarifer) は、スズキ目・アカメ科に属する魚の一種。インド太平洋の熱帯域に分布する沿岸性の大型肉食魚で、東南アジアやオーストラリア北部では釣りや食用の対象として重要な魚である。』とウィキペディアに記述があるこの魚、みなさんもご存知、タイ語では「プラカポン」と呼ばれている魚です。​Mokoleyのロゴの赤い魚もこのバラマンディーを模ったものです。​ レストランでシーバスとメニューに書いてあったらほぼ100%、この魚のお料理のことであると思っていただいてもいいくらい、タイのレストランではポピュラーな魚です。癖のないホクホクの白身は、焼いても、煮つけても、揚げてもおいしい、また見た目にもきれいな色をした魚です。Mokoleyが営業を開始した1998年ごろは、このバラマンディーは食用としてのみ養殖されていました。 日本では一足先に大ブームになっていたルアーフィッシングも、その当時タイではまだまだマイナーな釣り方で、そのマイナーなルアーフィッシングでの釣り人たちのターゲットは主にプラチョン(タイの雷魚)と天然プラチャドー(ジャイアントスネークヘッド)でした。 Mokoleyが当初、ルアー販売をタイで始めたころは、日本でブラックバス用に出回っていたルアーをタイでプラチョン、プラチャドー釣り用として販売していました。 ある日、Mokoleyの現在のタイ人マネージャーの『オー』がまだ20代の若者だったころ、サムットプラカーン県にかつてあった雷魚釣り堀に行き、ラパラ社のルアーを使って釣りをしていたところ、この釣り堀でたまたま池に混ぜてあったバラマンディーがよく釣れ、この池に通うようになりました。この池はもう今は埋め立てられ、すでにコンドミニアムが立てられありません。 Mokoleyが知るタイでのバラマンディー釣りは、今はなきこの池から始まりました。 養殖池は、魚を文字通り養殖して、販売するためだけの池で、魚を出荷する前に釣らせるといったコンセプトはそのころは到底ありませんでした。 タイで最初にバラマンディーを釣りのターゲットとして釣り堀をオープンしたのは、サムットサーコーン県の『ルンぺオ』という釣り堀であったとMokoleyのマネージャーのオーは語っています。 バラマンディーは肉食の非常に力の強い魚で、釣り堀でも果敢にルアーに向かってきます。ルアーのフックにかかった瞬間からものすごい勢いで逃げようとし、時にはエラ洗いと呼ばれるジャンプをします。 そんなことから当初タイでも一般に販売されていたバス用のルアーだと針がおられる、針が伸びてしまう、またルアーそのものがバラマンディーにより破壊されるようなことが起き、だんだんとバラマンディー釣り用のルアーが開発されていくようになりました。 今では数多くの釣り場、またバラマンディー釣りに適した道具も多く販売されており、昔よりはだいぶスポーツフィッシングとしてバラマンディーを釣るチャンスに恵まれていると思います。 Mokoleyでは毎月第2土曜日にバラマンディー定期ツアーを開催しています。 あなたもぜひ話のタネに、また在タイでの思い出に一度バラマンディー釣りを体験してみませんか?

Read More...

タイでアマゾンの魚を釣る

常夏の国であるタイは日本で見ることのない大きな魚が生息しています。当然、池や川の水温も高いわけですが、タイでは南米のアマゾン河から持ってきた魚も飼うことができるのです。そこで、釣具販売と釣りツアーの店「Mokoley」では、そのアマゾンの大きな魚を釣ることができる「アマゾンフィッシュツアー」というコースも用意しています。釣ることのできる魚は世界最大級の淡水魚ピラルクーやアリゲーターガー、高級観賞魚として有名なアロワナや赤い尾ひれが特徴的なレッドテールキャットなど。ピラルクーは大きいもので2mくらいあります。また、10kgくらいのレッドテールキャットなどもよく釣れます。餌にはアジの切り身や鶏肉を使います。タイでアマゾンの大型魚を釣るなんて、なかなかできることではありません。超特大の引きを楽しんでみたい方、「Mokoley」までお問い合わせ下さい。

Read More...

BS日テレ [夢釣行] 放映のお知らせ

いつもMokoley HPをご覧いただきありがとうございます。 BS日テレで放映されています「夢釣行」にMokoleyツアーがガイドをさせていただき、放映日が決定しましたのでお知らせいたします。 [日程] 5月13日 BS日テレ 17:00~17:30 ボートゲームで堪能するタイランド湾の豊穣 ~ガス田を望む異空間へ放つソルトルアー~ ツアー目玉のMokloley船005号チャーターで行く、「海の秘境・ガス田釣行」がメインフィールドになり、見ごたえのある内容となっていますので、ぜひご覧ください。

Read More...

メコンオオナマズ タックル

ここではメコンオオナマズツアーでのレンタルタックルを基準にタックル紹介をしたいと思います。 大型淡水魚タックル例 ロッド 極太ジギングロッド リール 8000番前後 ライン ナイロン 50Lb、or PE3-4号 針 伊勢尼13号-15号 ウキ (夜間の釣行では電気ウキ)、吸い込み仕掛け用らせん(針は別で使用)といったところです。 餌は釣堀で売っている「パン粉」「練り餌」「ココナッツミルク」が主になります。 練り餌配合の重要度が高く、経験がモノを言います。常連さんやガイド、現地ガイドにお願いしたほうが確実です。 「やわ」なタックルで挑むと竿が折れたりリールにガタがくる事も珍しくありません。 十分なタックルを備えるかレンタルで挑みましょう。

Read More...

バラマンディタックル

一般釣堀に居るバラマンディは大体30~70cm、釣堀にもよりますがアベレージは40~50cmくらい。 80台が出れば万々歳でしょう。 平均的なタックルとしては、 小~中型バラマンディタックル例 ロッド ミディアムヘビー リール 2,500番前後 ライン PE3-4号 ショックリーダー 30-40LB といったところです。 人によって、「PEライン2号の方が飛びが良い」、「大物に備えてPE5号を使っている」、「ショックリーダーは50Lbの方が長持ちして良い」 「ロッドはライトタックルの方が面白い」と、好みがあるので参考程度に読んでいただければと思います。 バラマンディタックル [養殖池] 養殖池のバラマンディには一般釣堀に居ないサイズがゴロゴロしています。写真のバラマンディで8kg、この日は最大で13kgのバラマンディが上がりました。  養殖池バラマンディの大きさは40~80cmくらい。アベレージは60cm前後といったところ。90cm台が出れば万々歳です。   その巨体が「ビッグベイトに喰らい付く瞬間」「トップに出る瞬間」「空中でエラ洗いをする瞬間」 その瞬間に魅せられた人は数知れません。 大物を狙うという事もあり、平均的なタックルは 大型バラマンディタックル例 ロッド ヘビーロッド リール 2,500番前後 ライン PE5号 ショックリーダー 50Lb ビッグベイトも使えるタックルが多く使われます。

Read More...

STORM スイムベイト

WEBの入荷情報を見て、「STORM スイムベイト 3/16oz」を買っていかれたMさん。 数日後には早速、その釣果を報告してくださいました。   その時の釣果は14匹だったと聞いています。 「これがあればボウズは無いですね」と語っておられました。 一般釣堀で実績を残せるルアーです。   このルアーの関連記事には 「ライン、スナップの使い分けと結び方」 「天候を考慮したカラーローテーション」 「小型スイムベイトのトゥイッチング」 があります。

Read More...

チャドータックル

天然のチャドー(ジャイアントスネークヘッド)は大きい物になるとメーターオーバーになります。 天然のチャドーのポピュラーな狙い方から、大型が出る率が高くなります。   平均的なタックルとしては PEライン 4号 リール 2500番前後 ロッド ヘビーアクション といったところです。   根に絡まれる前に引き寄せる強めのタックルが必要です。   「歯は鋭いですが、喰いが浅いのでショックリーダーは必要無い」という定説がありますが、 心配な方はショックリーダーやワイヤーリーダーを付けるのも良いでしょう。   チャドーの一般的な狙い方「岸撃ち」「呼吸撃ち」「ボール撃ち」   天然でしか使えない釣り方「ボール撃ち」に大型が来ます!! 母親なので、その場で逃がしてあげましょう。

Read More...

バラマンディタックル

養殖池のバラマンディには一般釣堀に居ないサイズがゴロゴロしています。 写真のバラマンディで8kg、この日は最大で13kgのバラマンディが上がりました。   養殖池バラマンディの大きさは40~80cmくらい。 アベレージは60cm前後といったところ。 90cm台が出れば万々歳です。   その巨体が 「ビッグベイトに喰らい付く瞬間」 「トップに出る瞬間」 「空中でエラ洗いをする瞬間」   その瞬間に魅せられた人は数知れません。   大物を狙うという事もあり、平均的なタックルは PEライン 5号 リール 2500番前後 ショックリーダー 50Lb ヘビーロッド といったところです。   ビッグベイトも使えるタックルが多く使われます。

Read More...

チャドータックル

一般釣堀に居るチャドー(ジャイアントスネークヘッド)は大体30~60cm 小型が多い印象です。   平均的なタックルとしては PEライン 3号 リール 2500番前後 ロッド ミディアムヘビー といったところです。   「歯は鋭いが、喰いが浅いのでショックリーダーは必要無い」という定説がありますが、 心配な方はショックリーダーやワイヤーリーダーを付けるのも良いでしょう。   天然と違い、色々なルアーで狙いやすいという利点があります。 バラマンディタックルがそのまま流用できます。

Read More...