カオレームダムツアー特集

Mokoleyでは毎年8月中旬にカンチャナブリ県、カオレームダムでの天然チャドー、カスープ、プラチョン釣りツアーを催行しており、2017年は8月12日~14日に開催されました。

 

カオレームダムはバンコクから北西約370㎞に位置するタイーミャンマー国境近くのダム湖です。

ひたすら地道で約6時間、ふつうは日本人一人だけで行くという発想から外れた場所です。
行きにくい場所だからこそ、自然が荒らされず、手つかずで残っており、車中での眠りから覚めて到着した時に”、バンコクとは空気が違う!!”と感じられることでしょう。

 

カオレームダム風景

ダム湖は南北に細長く、釣行目的地はそのほとんど最北に位置するサンカブリという村からの出船になります。

日中は時間が許す限り湖の奥の奥までチャドーを狙い、昼もコテージに帰らず、日陰で仮眠をとりながら夕方まで釣行。

 

釣行動画

今回の釣行ではチャドーボールの撮影に成功しました。

天然のチャドーボールは警戒心がとても強く、近づいてもすぐに潜って隠れてしまうのですが、こんなに間近で撮影できたのはかなり珍しいことです。

 

チャドーボール

チャドーのファイトシーンも撮影できました。チャドーの釣りはバイトはあってもフッキングまでが難しく、さらにフッキングをしても引きはトルクがあり、強烈な首ふりと、一度その引きを味わってしまうと病みつきになってしまいます。

 

ファイトシーン

Mokoleyでは毎年8月にカオレームダムツアーを催行しております。

チャドーを釣るだけでなく、年に一度は身も心もリフレッシュに手つかずの大自然に会いに行く、それがカオレームに行きたくなる魅力だと思います。

 

総集編