バーブレスフック

バーブレスとは、カエシ(バーブ)のない針のことでスレバリとも呼ばれます。
最大の利点は刺さりやすさ、そして安全性。
まず、バーブレスのメリットとして刺さりやすいことが言えます。
カエシがない分、刺さるときに引っ掛かりが少なく、小さな力で貫通させることができます。
そもそも「バーブ(返し)があったほうがバレにくい」と皆さん思われていますが一概にそうでもないのです。
確かに鈎がフトコロまで完全に貫通していたらある程度バーブが抜けにくくはしてくれるのですが、それは完全に貫通していたらの話。深くまで刺さってなければカエシとしての役目が果たせなく結果バレにつながってきます。
これは、バーブありとバーブレス両方に言えるのですが、フトコロまで刺さってないチョン掛かりであれば、どちらも同じようにバレやすくなります。
チョン掛けになってしまうと鈎を横方向に広げる力がかかるために鈎を伸されたり・鈎を折られたり(大概バーブの付け根で折れる)・ファイト中に外れたり・ランディングしたらフックがポロリと外れたりするのです。これが、バーブレスの場合だと刺さる分量が少なく、その分だけ鈎が刺さりやすくなるのです。
実際に魚が掛かってからも、テンションをかけ続けることは魚釣りにおいて基本のやりとりで、魚とのファイト中に変にテンションを抜いたりすればカエシがついていてもバレます。一旦フトコロまで刺さってしまえばファイト中にラインテンションを抜かない限りはそうそうバーブが有るなしでバレたりしません。
そして、もう一つの利点は他人や自分自身に鈎を刺してしまった時、バーブレスフックであれば簡単に抜くことができます。
自分自身にフッキングしたのなら、自業自得ですが、バーブありの場合は簡単に外れない上に、場合によっては病院で処置をしなくてはならず、せっかくの釣りが中断する事になり、貴重な時間が台無しになる可能性も出てきます。もちろん頻繁に起こることではないのですが、それでも可能性としては全く、起こりえないわけではありません。
ゲームフィッシングにおいてキャッチ&リリースという言葉があります。
バーブありとバーブレスでは、魚に鈎を掛けるという点では、ダメージを与えることに変わりがないですが、バーブありの方がよりダメージを大きくしてしまいます。
トラウトやヘラ釣りなどでは共通といっていいほどバーブレス指定にしています。これは魚に与えるダメージがより少なくなるためです。
キャッチ&リリースの精神で楽しんでいただくためにも、釣り上げた魚にはなるべくダメージを少なく、元気な状態で帰っていってほしいですよね。
アングラーにとっても瀕死の魚の引きよりも、元気な魚の強烈な引きを味わい、魚が一枚上手か、釣り人がいなすか。それがルアーフィッシング・ゲームフィッシングの醍醐味のひとつではないでしょうか。

Mokoley専用池では、より多くのお客様に安全に楽しく、コンディションのいい魚とのファイトを味わっていただくためにも、バーブレスフックを推奨しております。